» トピックス&ニュースのトップ
search this site.
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
new entries
archives
categories
recent comment
mobile
qrcode
others

「シニア短期留学 in 沖縄」修了しました

11月30日、9時半から授業としてワークショップを3グループに分かれて行いました。


テーマは「来年のシニア短期留学 in沖縄」を考える。グループ単位でコンセプトや日程、狙いなどを話し合い、発表するというもの。熱が入って大幅に時間を超過するほど。

来年度のプログラムを作る参考にするということで終了しました。

その後、修了証の授与。私も頂戴しました。


オーシャンホテルに移動し、昼食会。


最後に感想などを述べ6日間の講座が終了しました。


来年も実施するとの沖縄側事務局の宣言もあり閉会としました。

今年は天気にも恵まれ、無事終了。またの再会を約束して13時半に解散しました。 HK

at 17:30, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学in 沖縄」が開講

11月25日(日)16時、奥武山公園内にある沖宮(おきのぐう)をめざす。


中宮本殿前に集合し、「シニア短期留学 in 沖縄」が開講しました。神社で開講するのは初めてのことでしたが、地域に関わる沖縄事務局の選択でした。


今年は沖縄3回目、「歴史」「偉人」「産業」に焦点をあて、楽しく学びます。


事務局の相澤さんよりプログラム全体の確認、主催者側を代表して琉球大学の荒川教授と私より挨拶、全体を通して同行する大学院生の中国青島出身の張さんを紹介。その後、参加者一人一人が自己紹介。

開講式を終え、中宮の禰宜 上地一郎さんから神社の紹介。なぜお寺も祀っているのか、古神道の説明を受けました。


沖宮本殿での正式参拝。


続いて、最近パワースポットとして訪れる人が増えている天燈山御嶽に参拝。


沖縄産業3恩人が祀られる世持神社にも参拝。
再び中宮に戻り、18時より懇親会。缶ビールで乾杯し、交流会開始。


料理家 伊是名カエさんから、旬の食材を使った沖縄伝統料理、創作料理の説明。


美しいお弁当




19時半で終了しそのまま解散。30日までプログラムが続きます。 HK

at 06:14, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学 in 沖縄」まもなく開講します

先ほど最終案内書を郵便局に投函してきました。

遅くなりましたが、到着をお待ちください。

いよいよ11月25日(日)開講します。




参加者は福島県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、長野県、

愛知県、滋賀県、大阪府、兵庫県、和歌山県、宮崎県の12府県からです。


当初の案内から変更になったのは、

 ・講義の開催が講師のご都合で入れ替わったことと、

 ・最終日の講義会場が変更になったこと。

の2点です。


25日の集合場所と時間を以下の通りお知らせしておきます。

 集合時間:午後4時 

 集合場所:沖宮(おきのぐう)本殿前、奥武山公園内


では、25日現地でお待ちしています。 HK

at 17:07, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学 in 沖縄2018」催行決定です


シニア短期留学 in 沖縄2018」は、催行確定です。

最少催行人員の10名を超えましたので、少し早いですが、催行確定させることとしました。
航空機やホテルの手配をまだされてない方はただちに手配していただくようにお願いします。
ホテルは沖縄県庁前での集合に便利なホテルをご予約ください。不安な方は、事務局にご相談下さい。


今年のプログラムは、昨年参加された方々からのアンケートをもとにご希望の多い琉球の歴史、偉人たちの足跡を訪ね、最新の現代産業に触れるテーマを基に、通常の観光ツアーや個人旅行では決して体験できない琉球大学での学びと郊外へのフィールドワークを組み合わせています。


申し込み締め切りは11月2日ですが、航空機やホテルも間際になると高くなるようです。早めに申し込まれることをお勧めします。
参加お申し込みをお待ちしています。 HK

at 09:00, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in 沖縄 概要の発表

遅くなりましたが本年の沖縄プログラム概要をおしらせします。
パンフレットは今月末までにはお送りしますので、今年もよろしくお願いします。 HK

テーマ

  琉球王国を統一した尚巴志(しょうはし)。 産業発展のため貿易を発展させ、琉球の産業を支えた三恩人の物語へ。そして現在の産業と未来へと繋ぐ。   


講義

11月26日

  ??「琉球王朝統一の歴史

  講師:琉球歴史家 砂川正邦氏(赤瓦ちょーびん)

 ??「琉球の産業の歴史」 

  講師:公益財団法人沖縄県産業振興公社専門

     コーディネーター 照屋隆司氏

11月28日

 ??「現代における沖縄の産業〜観光サービス」 

  講師:琉球大学国際地域創造学部教授

     下地芳郎氏

 ??「現代における沖縄の産業〜ものづくり x IT」 

   講師:琉球大学地域連携推進機構特命准教授

        宮里大八氏



フィールドワーク

 ??尚巴志の足跡」  11月27日

 ??現代の観光産業」 11月29日



(昨年の授業風景)

募集要項

お申し込み方法

 申込書をご請求下さい。申込書に必要事項を記入し、郵送かファックスで(一社)シニアと大学と地域ネットワークにお申し込みください。

 申込金20,000円を別途ご案内する口座へ1週間以内にお支払いください。

 残金は催行決定後、11月16日(金)までに同様の口座へお支払いください。

受講料 お一人 88,000

受講料に含まれるもの

 全講義・フィールドワーク代、開講式・オリエンテーション、移動バス料金、修了式、11月25日懇親会、27・29 ・30日昼食代が含まれます。

受講料に含まれないもの

 上記以外の宿泊・滞在費、ご自宅〜那覇市内〜ご自宅までの交通費

中止

 お申し込みが最少催行人員に達しない場合は、シニア短期留学を中止することがあります。中止の決定はシニア短期留学開催日の30日前に行い、シニア短期留学事務局より皆様にご連絡を差し上げます。


■航空機、ホテル予約をご希望の方

 各自、航空機、ホテルをご予約ください。予約代行をご希望の方は申込書でお申し出ください。旅行会社をご紹介します。

at 08:35, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

最終日を迎えた沖縄プログラム

11月26日から始まった第2回シニア短期留学 in 沖縄は、12月1日最終日を迎え、牧志公民館にある琉球大学那覇サテライトに集合。

まずはてんぶす那覇に移動。


那覇まちま〜いガイドのお二人と対面。


牧志公設市場周辺まち歩きに出発。平和通りに入る。


むつみはし通りでは沖縄の動植物がアーケードの店の上にあるのに気づく。


改めて発見のあるまち歩き。


北海道から沖縄までやって来た昆布などを扱った店もある。


牧志公設市場二階には写真展示もある。


那覇には千円でべろべろになる「せんべろ」がある。


琉球大学那覇サテライトに戻り、修了式。荒川雅史教授より挨拶の後、修了証書を手渡し、一人ずつ感想を述べてもらいました。


最後に、全員の集合写真を撮りました。


皆さんからは大学で学び、フィールドワークでさらに確認することができ良かった。神の島・久高島に行けて良かった。家庭滞在での歓待ぶりに感激した。など、充実していたとの感想を多くいただいた。 来年度も実施して欲しいとの言葉を受けて、来年2月には事務局で反省会を開き次回の予定を発表することをお伝えして、昼食会で歓談。予定の13時半に解散しました。
また、お会いできる日を楽しみに! HK

at 22:32, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄で家庭訪問は音楽とともに

11月30日の夜は沖縄らしいまさに「大人の修学旅行」、泊まらない民泊体験でした。

南東部に位置する南城市大里の大城家を訪問。

南城市観光協会の屋我さんの進行、ご家族の紹介に続き、



沖縄の典型的な間取りの家ですとご主人の挨拶と乾杯で宴会が始まりました。


前日から用意された料理はお盆や正月に出すとても盛りだくさんでした。


水戸から来ていた高校生が民泊滞在中で訪ねて来て、一緒に三線と歌を楽しんだ。


沖縄の音楽は踊りと共にある。地元の演奏家で大いに盛り上がった夜でした。


大勢での記念写真


シニア留学でのはじめての個人宅での宴会は、また一味も二味も違う体験でした。 HK

at 06:25, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄5日目は南部へ

沖縄一の聖地と言われる神の島・久高島へ高速船で向かう15分の船旅。県庁前で集合し、貸切バスで南城市の安座間港に向かい、9時発に乗船した。



ライトバン二台、ガイドはうちまさんとにしめさん。


海につながる一本の道は神の道と言われる。



最終の目的地 カベール岬では植物や石など一切持ち帰りできません。


外間殿はフカマドゥンと言われ、島の行事は全てここで行われている。


石の塀で囲まれた家々を歩く。


家には、ヒンプンという目隠しがあり、魔除けの意味がある。


帰りは13時発のフェリーで本島に戻る。約20分。


スピードが遅い分揺れはマシ。

本島に戻り、昼食は、くんなとぅで。


もずくそば定食を頂く


近くの奥武島いまいゆ市場で海ぶどうや島バナナなどお買い物。


日程最後はゆいんちホテル併設の日帰り温泉・猿人の湯に入浴。

しばし、マッサージチェアや長椅子でのんびり。



地元の家での宴会までリラックス。

at 06:23, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄3日目は中部へのバスツアー

11月28日(火)は、バスツアーで本島中部の世界遺産フィールドワーク。

まずは、世界遺産の勝連城址を訪ねた。現地で待ち受けていたのはガイドの我如古と書き「がねこ」と読む。バスガイドを務めていただけあって飽きさせない案内ぶり。



高さ約100mまでゆっくりハイキング。


海中道路を超え、創世神話の島、浜比嘉島へ。沖縄開闢の祖といわれるアマミチューの墓へ。良い眺めでした。


また、アマミチューとシルミチューの男女神が住んだと言われる大きなガマ(洞窟)を訪ねた。


眺めの良いホテル浜比嘉島リゾートで昼食。


海の駅あやはし館2階・海の文化資料館で山原船とマーラン船の交易歴史を知る。


世界遺産「中城城跡」を見学。

ペリー一行がエジプト式と評価した精巧なアーチ門も美しい。

夜は希望者のみで、交流会を実施。
現役の中国からの留学生や昨年関わった元学生も顔を出してくれて大いに盛り上がりました。 HK

at 08:15, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄2日目は琉球大学で講義

11月27日(火)は貸切バスで琉球大学に向かい、講義を3コマ受けました。


1コマ目は「琉球の文化芸能
法文学部国際言語学科教授の大城學氏による、玉城朝薫(たまぐすくちようくん)と組踊について。
組踊とは古語によるせりふ、音楽、所作、舞踊の組み合わせで、1719年から中国(明)の冊封使を見せるために発表されたそうだ。琉球舞踊と異なり、継承に課題があるとのこと。

2コマ目は「琉球の歴史
琉球歴史研究家、琉球大学沖縄文化研究所国内研究員の上里隆史氏による、沖縄の時代別歴史概観。
沖縄の歴史区分に基づき、貝塚時代、古琉球、近世琉球、近代、戦後と分かりやすく説明された。NHKテンペストでの時代考証ではデータがなく苦労したなど興味深い話でした。

昼食は中央食堂で自由に選んで。

午後、会場を博物館に移動。


3コマ目「琉球の自然
琉球大学博物館学芸員、同法文学部講師の佐々木健志氏。
絶滅危惧種の保存や世界自然遺産登録への取り組み、民芸運動と金製品の紹介の後、展示品を見学。学生も博物館を知らないまま卒業するのが多いそうです。


今日は大学院生で中国人女性の王さん、林さんが朝から同行し、昼食で少し会話。それぞれ、グリーンツーリズム、薬草によるメディカルツーリズムが研究テーマとか。

15時に終了し解散。琉大北口から路線バスで那覇に戻りました。
HK

at 06:24, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

首里城に集合

11月26日、首里城公園内の首里杜館(すいむいかん)情報センターに集合。

企画監修・協力された琉球大学ウェルネス研究分野荒川雅志教授から、昨年初めて実施し今年来られた方も多く、初参加の方にもまた来ていただけるように、沖縄の魅力を伝えたいとのご挨拶。


沖縄側事務局イーストホームタウン沖縄の相澤さんから全体のプログラムを説明し、早速首里城に出向く。あいにくの雨でしたが、世界遺産 園比屋武御嶽(そのひやんうたき)の前で住所と名前と沖縄での無事を願う。



首里城内では増築された建物など見学。出来て3年以上経過するそうで、しばらく来ていなかったですね。


そのあと、首里殿内(すいどぅんち)にて夕食交流会。美味しい沖縄料理を楽しみ、恒例の自己紹介タイム。


20時15分に終了し、タクシー分乗で流れ解散。それぞれ、県庁前周辺の各ホテルに向かいました。 HK

at 07:54, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

いよいよ沖縄講座が開講です

シニア短期留学 in 沖縄のプログラムが今日から12月1日まで開講です。

事務局の私も神戸空港からスカイマーク航空で那覇に向かいます。

集合場所は首里城公園内の休憩所で16時集合。
開校式後に首里城を見学し、首里殿内で交流会。沖縄スタイルのお店が楽しみです。

明日から琉球大学での講義とバスツアーを一日置きに繰り返し。 夜も28日は学生と、30日の交流会は地元の方達との触れ合いもあり、楽しみです。

12月1日は那覇まちま〜い(まち歩き)と昼食会で解散。


12月1日は那覇まちま〜い(まち歩き)と昼食会で解散。
これで今年のプログラムは最後です。HK

at 09:08, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in 沖縄、催行確定です

申し込み締め切りの10月26日には少し早いですが、航空機の予約の関係もあり早めに催行確定させることとしました。

シニア短期留学 in 沖縄2017」は、催行確定です。

航空機やホテルの手配をまだされてない方はただちに手配していただくようにお願いします。


(ゆいレールで那覇空港から市内に)

2005年に琉球大学で始めた「シニア短期留学」は、昨年10年ぶりに新しい体制で沖縄のプログラムを復活し、間際の募集にもかかわらず12名の方にご参加いただきました。

みなさん基本は一人参加であり、それぞれが那覇空港までの航空機や那覇市内のホテルを自身で手配されました。ホテルは沖縄県庁前での集合に便利なホテルをご予約ください。不安な方は、日本旅行にご依頼下さい。



今年のプログラムは、昨年参加された方々からご希望の多かった琉球の歴史・文化・自然に焦点を当て、通常の観光ツアーや個人旅行では決して体験できない琉球大学での学びと郊外へのフィールドワークを組み合わせました。

以下は、このプログラムで皆さんを受け入れる琉球大学教授、琉球大学ヘルス・ツーリズム研究分野ウェルネス研究プラットフォーム代表の荒川雅志先生よりの歓迎のメッセージです。



沖縄は、日本の最南端、最西端に位置し、大小160の島々で構成される小さな島よ県ですが、視点を変えれば台北、上海、香港、シンガポールなど主要都市、成長著しいアジア圏に近接する地理的優位性を有し、アジアの活力を取り込み、我が国の新たな創造と成長を実現する『アジアゲートウェイ構想』のフロントランナーと期待されています。
世界でも屈指のエメラルドの海、豊かな自然環境と生物多様性の宝庫でもあり、年間を通じて温暖で過ごしやすく、ゆったりとした時間が流れるこの島には、かつて東アジアの貿易の拠点として華々しい繁栄した琉球王国時代からの歴史、文化が今も色濃く受け継がれています。
温暖で美しい海洋自然、独自の歴史、文化より培われた世界一健康長寿の知恵に学び、固有の食材を楽しむ沖縄の旅で、心身ともに癒され、明日への活力を得る旅となることを期待しています。沖縄の歴史・文化・自然に学ぶ短期留学へのご参加を心よりお待ち申し上げます。


開講式はここから始まります。


詳しくはこちらをご参照下さい。

at 21:36, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in 沖縄2017 募集開始

JUGEMテーマ:学問・学校

暑い日が続きますが、如何お過ごしですか。

昨年始まった沖縄でのシニア短期留学、今年もいよいよ募集開始です。

今年のテーマは「琉球の歴史・文化・自然に学ぶ旅」。

昨年の参加者からご要望の多かったテーマを取り入れています。


これまでに参加された方にはパンフレット、申込書を8月11日に郵送しました。

パンフレットをご希望の方は、当ブログのコメント欄にお知らせください。

折り返し、パンフレット等をお送りします。 HK

講義風景



(昨年の大学での講義風景)


概要は以下の通りです。

開催期間/20171126日(日)〜12日(金)6日間

参加費用/おひとり様 88,000

参加募集、資格/50歳以上の男女(定員25人、最少催行人員:15

申込締切/10月26日(金) 但し、定員になり次第締め切ります


お申し込み方法/まずはパンフレットをご請求ください。

同封した申込書に必要事項を記入し、郵送かファックスで日本旅行あて送付してください。 

同時に、お申込金20,000を添えるか、請求書を送りますので1週間以内にお支払い下さい。

参加費用に含まれる主なもの

 ○ シニア短期留学 in 沖縄 受講料

 ○ アクティビティ参加費用 

 ○ 開講式・オリエンテーションと修了式費用

 ○ 食事代(昼食 11/28、30、12/1の3回、夕食11/26 の1回)

 ○ 市内から大学まで片道送迎(11/27、29 利用)

 ○ 郊外へバス利用(11/28、30 の2日間利用)

参加費用に含まれない主なもの

 ○ 各地から沖縄までの往復の交通費

 ○ 那覇市内の宿泊費

 ○ 琉球大学から市内への帰路の送迎

 ○ 開講式や学外アクティビティ集合地への交通費

 ○ 食事代(費用に含まれない朝食、昼食、夕食)

 ○ 個人的な費用


受講内容

1)講義(90分)

 ・琉球の歴史

 ・琉球の文化芸能

 ・琉球の自

 ・戦争と基地問題

 ・現代沖縄の暮らしと観光

 *講師は琉球大学教員とウェルネス研究プラットフォームアドバイザーが務めます。

2)学外でのアクティビティ

 ・沖縄本島中部・世界遺産フィールドワーク

 ・沖縄本島南部・スピリチュアルフィールドワーク


行 程

11月26日(日) 16時〜20時30分頃 首里城にて開講式(予定)、首里城見学、首里内(すいどん)にて夕食交流会

11月27日(月) 9:時〜15時 琉球大学にて講義???

11月28日(火) 8時〜17時 フィールドワーク? (勝連城址公園、アマミキヨの墓、中城城跡)

11月29日(水) 9:時〜12時 琉球大学にて講義???、午後自由行動

11月30日(木) 7時40分〜21時40分 フィールドワーク?(船で久高島往復、奥武島周遊、温泉入浴後、琉球家庭料理体験と地域芸能

12月1日(金)  9時〜琉球大学サテライトキャンパス集合。那覇まちま〜い(まち歩き)、修了書授与式、昼食会。13時30分解散。

 *11月27・28・29・30日は県庁前、12月1日は牧志駅前のサテライトキャンパスに集合予定。

*詳しくは、パンフレット裏表紙の旅行条件書(要約)をお確かめ下さい。


お問い合わせ先:株式会社日本旅行関西企画旅行支店

「シニア短期留学 in 沖縄」係りまで

  郵便番号541−0051

  住所: 大阪市中央区備後町3丁目4−1(山口玄ビル6階)

  TEL:06ー6209−0707(代)

  FAX:06−6209−0606

  営業時間 平日午前10時〜17時30分(土日祝日休み)  



#シニア #大学 #学び #沖縄 #シニアカレッジ

at 07:45, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

早い予約ならホテルもお得

今年の沖縄シニア短期留学はプログラムも決定し、現在パンフのレイアウトを沖縄側で製作中です。

ということで、じゃらんや楽天トラベルで宿泊ホテルを調べてみると、ホテルにより60日前、45日前の早期割引などのプランがあり、1〜2ヶ月前の予約よりかなりお得なことがわかりました。
間際まで取消料も無料なので、今年参加しようと思っておられる方は早めの予約をお勧めします。


写真:大学での講義風景

シニア短期留学 in 沖縄2017
開催期間:11月26日(日)から12月1日(金)、6日間
テーマ:『琉球の歴史・文化に触れる旅
プログラム:
1)11月26日(日)16時 首里城集合、開校式・首里城見学・交流会
2)11月27日(月)琉球大学で講義(1)(2)(3)
3)11月28日(火)FW 世界遺産・勝連城跡、中城城など見学
4)11月29日(水)琉球大学で講義(4)(5)
5)11月30日(木)FW 神の島 久高島見学、夜は琉球料理と地域芸能
6)12月01日(金)まちま〜い街歩き、修了式、昼食会 13時半解散予定

#FWとはバス利用によるフィールドワークです。

参加費用等は正式発表までお待ちください。 HK

#シニア短期留学 #シニアカレッジ #国内留学

at 07:10, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

琉球大学を訪問

今日は「シニア短期留学 in 沖縄2016」の反省会で琉球大学、荒川教授の研究室に、事務局を担当したイーストホームタウンの相澤代表と訪問。



昨年12月に実施した沖縄プログラムを参加者アンケートを基に振り返り。
「長寿と健康」をテーマに大学での講義、やんばるや南城市でのアクティビティを行なったが、参加者の評価や意見を読み取り、共有化しました。


写真は琉球タイムスに紹介された記事です。


シニア短期留学 in 沖縄2017は11月26日(日)から12月1日(金)までの期間で開講予定することになり、大まかなプログラムの流れを固めました。
今後沖縄側で講義やアクティビティなどを決定し、遅くとも6月には発表することになりました。 HK

#シニア短期留学 #シニアカレッジ #国内留学

at 09:00, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

やんばるへのフィールドワーク

沖縄3日目は本島北部やんばるに向かいました。

北部では、許田インターを降り、まずは万国津梁館を訪問。2000年サミット開催会場だったところです。


道の駅許田でトイレ休憩を兼ねたお買い物タイムを取り、昼食は大宜味村の「笑味の店」。定休日なのに特別に開けてもらい「長寿弁当」を頂く。自らやおばあたちの作った島野菜などの食材を使った沖縄料理はなかなか食べれないものでした。


金城笑子さんがおばあたちの島野菜を残したくて1990年に開店し、NHKなどでも紹介されている。



さて、いよいよ、やんばるでのウォーキング。奥間から比地キャンプ場入口に向かった。


ガイドの先導で片道約1.5kmを歩く。
しばらく緩やかに上がったり下りたり。遊歩道が完璧に整備されている。


比地大橋からはかなりきついと脅されたが、まずは下る。


唯一ある休憩小屋を過ぎるとかなりの登りだが、距離は残り200m程度。


大滝に到着。かなり水量があり、マイナスイオンをいっぱい浴びて気持ちが良かった。


それぞれのペース判断で登るなり、途中の休憩所や大橋で引き返す人あり。

帰路、やんばるカンナタラソラグーナでの海洋療法体験。


インストラクターから海水でのストレッチなど教わり、ジャグジーとかプール歩いたり。
すっかり、1日の疲れが取れたようでした。 HK

at 09:08, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学 in 沖縄」開講です

12月4日(日)、那覇市国際通りに面したホテル山の内に17時参加者が集まり、開講式・オリエンテーション・懇親会を行いました。



今回の参加者は関東関西を中心に12名。男子7名、女子5名。最高齢者は89歳。

このプログラムは現地集合解散形式であり、自分で手配してもらうことを前提にしているが、旅行会社に航空機やホテルの手配を依頼したのは5名。

司会進行は私が行ない、琉球大学の荒川教授、事務局役の相澤さんからもプログラム全体の説明など行い、乾杯の音頭は2005年第1回に参加された畑さんをお願いしました。



ビュッフェスタイルの沖縄料理の数々。ラフテーやゴーヤチャンプルーなど。



参加者全員が最低1回はこのプログラムに参加されただけあって、すぐに打ち解けて話の輪が広がり、参加した全員の自己紹介を行ない、散会しました。

12月5日から9日まで5日間のプログラムが始まります。

at 06:22, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄短期留学 最終案内

最終案内書の発送が思ったより遅くなりました。本日、日本旅行より発送していただきますが、主要な情報をおしらせしておきます。

1)開講式
集合日時:12月4日(日)17時
集合場所:ホテル山の内(3階個室)
住所:那覇市牧志1-3-55(国際通り沿い)

17時〜19時 オリエンテーション、開講式、懇親会

各ホテルからの所要時間
ホテルグレイスリー那覇、徒歩7分
西鉄リゾートイン那覇、徒歩14分


2)12月5日(月)、琉球大学にて講義
午前8時、沖縄県庁前集合、バスで大学に向けて出発
午前9時〜12時10分まで2コマ講義。

大学生協中央食堂での昼食が可能です。
昼食後、自由行動。帰路は、各自、琉球大学東口から那覇バスで那覇市内までお戻り下さい。
1時間に2〜3本、所要時間約50分。料金520円。時刻は最終案内書に記載しています。


3)変更点

12月6日(火)沖縄北部やんばる森林浴プログラムでは、沖縄最大の火じ疲れを取るためもあり、「かりゆしカンナタラソラグーナ」でタラソテラピー(海洋療法)を体験していただきます。那覇への戻りが18時以降の予定です。


4)沖縄の気候

12月の平均気温は18.7度。最高気温21.2度、最低気温16.3度
東京は最高気温11.9度
、最低気温3.5度。

5)服装など

風が強まりやすいので、体感温度は数度低く感じます。ジャケットやウィンドブレーカーなどあった方が良いです。

沖縄北部やんばるの森でのハイキングは舗装された道を高低差200mで上ります。ゆっくり歩きますが、歩きやすい、滑りにくい靴をご用意下さい。

タラソテラピーでは、水着・キャップ・タオルをご持参ください。レンタルの場合は、850円かかります。


6)宅急便をご利用の場合
予約ホテル部屋番号、チェックイン日を明記してお送りください。


ご質問があれば、携帯でシニア大学ネット事務局までお問い合わせください。
HK

at 20:18, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄北部、やんばる森林浴エコヘルスプログラム紹介

50歳以上のシニアが参加する「沖縄短期留学」。

3日目、12月6日は終日沖縄本島北部へ移動し、豊かな自然と固有種が保全された「やんばる(山原)」をフィールドに、環境と健康をテーマとした体験型実習です。

コースは、許田インターを降りて、サミットの開かれた「万国津梁館」や許田道の駅に寄り、午後は、やんばる森林セラピー体験として、国頭村にある比地キャンプ場から比地大滝まで往復約2時間ゆっくり森林浴を楽しみます。

比地大滝は沖縄本島最大で落差25.7m。高低差 最大約200m、片道約1.5kmを歩きます。キャンプ場から遊歩道が整備され、上り階段が続きますが、ゆっくりしたペースで登ります。

終了後は、疲れた体を海洋療法施設「かりゆしカンナタラソラグーナ」でのタラソテラピーで癒し、那覇に戻ります。

最終案内書は、来週早々郵送します。
HK

at 22:14, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)