» トピックス&ニュースのトップ
search this site.
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
new entries
archives
categories
recent comment
mobile
qrcode
others

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年は和歌山、岩手、沖縄でのシニア短期留学をご案内しましたが、この事業の継続にご支援をいただき厚く御礼申し上げます。

本年も気持ちを新たに各地での短期留学をご案内していきます。
どうかよろしくお願いいたします。

2017年元旦


一般社団法人シニアと大学と地域ネットワーク
理事・事務局長 釼菱英明

at 09:20, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

今年のプログラム

いつの間にか8月に入りました。
先週末これまでの参加者へのDMをやっと済ませたばかり。今年は案内が大変遅くなりましたが、ご参加の程よろしくお願いします。


和歌山大人大学
開講日: 9月11日(日)〜16日(金)
詳しくは、

http://www.living-web.net/otona/

 

真田ミュージアム

(和歌山県九度山町「真田ミュージアム」)

 


また、今年はシニアカレッジ仲間の以下のプログラムもご紹介しています。

岩手大学シニアカレッジ
開講日: 9月7日(水)〜13日(火)
詳しくは、
http://www.ccrd.iwate-u.ac.jp/event/1635/

何れも申し込み締め切りは、8月19日(金)です。

申し込みはそれぞれ異なりますので、各ホームページをご確認ください。

尚、12月に開講を予定しているシニア短期留学 in 沖縄

琉球大学学内での手続きを済ませ、募集要項は8月末に発表します。
開講日: 12月4日(日)〜9日(金)

まだまだ暑い日が続きますが、元気にお過ごしください。

お目にかかれる日を楽しみにしております。 HK

at 07:20, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

「海の京都」をめぐる歴史と観光

東洋大学2016年春期公開講座では、「海の京都」をめぐる歴史と観光をテーマにエクステンション講座を開催することになりました。

シニア大学ネットが過去2年、舞鶴学講座の開催を皆さんにお知らせし、多数の方にご参加頂きましたが、そのご縁もあり、今年度は公開講座を5月21日から6月18日までの毎週土曜に計5回連続でテーマを変えながら開きます。

開催日とテーマ:
第1回 5月21日 「海の京都」の観光施策とその位置づけを巡って

第2回 5月28日 舞鶴における「引揚」の記憶〜シベリア抑留と「引揚」をめぐって〜

第3回 6月04日 日本三景のひとつ、天橋立の歴史

第4回 6月11日 伊根の舟屋、成生漁村集落

第5回 6月18日 舞鶴にみる歴史と観光
〜観光戦略を通した地域おこしの実際〜


参加希望の方は、「インターネット」か「ハガキ」で申し込み下さい。
パンフレットをご希望の方は、コメントでお知らせ下さい。ハガキがパンフレットについています。

インターネットでのお申し込みは、東洋大学社会貢献センターのホームページ
www.toyo.ac.jp/site/koza/
にアクセスして下さい。

私も5月21日の講座を担当します。HK

at 06:55, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

新年のご挨拶

皆さん、明けましておめでとうございます。
旧年中は「シニア短期留学」和歌山大人大学、シニア短期留学 in 金沢の2プログラムにご参加を頂き有難うございました。


《和歌山大人大学での講義風景》

シニア短期留学はアメリカのベビーブーマーを対象に始まったエルダーホステル運動をヒントに、2005年に国立大学法人制度が導入された年に琉球大学で始められました。団塊世代が2007年に60歳を迎えるタイミングと重なり、メデイアでも大きく紹介されました。その団塊世代もあと2年で70歳を迎えます。

絶えず好奇心を持って学び続け、人生を豊かに過ごしたい、シニア短期留学はそのお手伝いを今年も継続したいと考えています。


《シニア短期留学 in 金沢 「あえのこと神事」体験》

なお、本年の国内プログラムは4月までにお知らせしたいと思います。また、6月に予定している「シニア短期留学 in ハワイ大学ヒロ校」は実施するかどうかまもなくお知らせできると思います。もうしばらくお待ち下さい。

では、本年もどうかよろしくお願いします。 HK

at 10:00, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

「舞鶴学講座2015」終了

「舞鶴学講座2015」は昨日無事終了しました。

??引き揚げのまち舞鶴の紹介
??「舞鶴への生還 1945〜1956 シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録」
??「シベリア抑留と引き揚げ」の講義。
??東洋大学・須賀ゼミ三回生の千葉県館山市と舞鶴市を事例とした「戦争遺跡を活用した観光施策の現状とその課題」発表

黒沢文貴教授と増田弘教授という共に日本政治外交史の重鎮であり、舞鶴に深く関わられている先生方による講義には、参加者はきっと満足されたことと思います。また、学生による発表はまだまだ荒削りだが、さらにまとめていって欲しい。


懐かしいメンバーにもお会いできました。ご来場頂いた皆様には感謝申し上げます。

来年5月21日から毎週土曜日、5回連続の「海の京都・舞鶴学」公開講座を東洋大学白山キャンパスで開く予定です。
正式に決まりましたらご案内します。
HK

at 10:48, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

「舞鶴学講座 2015」(東京開催)のお知らせ

昨年に続き、『舞鶴学講座』を東京で開催します。

本年10月10日にユネスコ世界記憶遺産に登録されましたが、講義のテーマは舞鶴から世界へ語り継ぐ『引き揚げの歴史』に焦点を当てます。

関東在住の方にはすでにご案内を差し上げていますが、ホームページでもお知らせしておきます。参加可能な方はぜひお越しください。シニア大学ネットを運営している小生は、今年も舞鶴観光協会で勤務している関係での案内です。もちろん、私も会場におります。 HK

開講日: 11月14日(土)13:30〜17:00

会 場: 東洋大学白山キャンパス 1号館1階(1102教室)にて
東京都文京区白山5-28-20

募集人員: 80名(先着順) *どなたでも参加できます。

資料費:500円

講座内容:

13時 会場・受付

13時30分 開会あいさつ

13時35分〜 まいづるの紹介

13時45分〜 講座「舞鶴への生還 1945〜1956 シベリア抑留等日本人の本国への

引き揚げの記録について(仮題)」

講師: 黒沢 文貴 氏

(東京女子大学教養学部教授・舞鶴市世界記憶遺産有識者会議会長)

15時〜 休憩

15時10分〜 講座「「引き揚げと復員」」(仮題)

講師: 増田 弘 氏

(東洋英和女学院大学院教授・平和記念展示資料館名誉館長)

16時20分〜 須賀ゼミ成果発表会

東洋大学国際地域学部国際観光学科・須賀忠芳教授および須賀ゼミ生

16時50分〜 抽選会


会場への案内:

http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html



at 08:00, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

今年のプログラムについて

本年度のプログラムは以下の日時で開催することになりました。
現在詳細を詰めており、7月に入ればこのプログで先行しておしらせし、パンフレットは7月20日頃に郵送します。

1)和歌山大人大学
テーマ:高野山開創1200年の歴史に触れ、熊野の絶景に泊まる
開催期間:2015年9月6日(日)〜11日(金)、6日間
宿泊地:和歌山3泊、高野山1泊、熊野1泊
(和歌山泊は費用に含まず)

注)和歌山国体が開かれるため開催期間が早まります。

2)シニア短期留学 in 金沢
テーマ:「金沢・能登」 冬の風土に学ぶ〜発酵文化と、あえのこと神事にみる能登人のこころ〜
開催期間:2015年12月2日(水)〜6日(日)、5日間
宿泊地:金沢3泊、能登珠洲1泊
(金沢泊は費用に含まず)

以上。 HK

at 09:31, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

冬の金沢から能登へ

北陸新幹線が開通した金沢は観光ブームに沸き、大変な人出が報道されていますので、何となく行ってみたいと思われている方も多いと思います。

今年はその金沢とNHK朝ドラ「まれ」の舞台となっている能登半島・輪島へのシニア短期留学を計画することになりそうです。

最後に実施したのは2013年1月24日から28日の5日間。加賀百万石の食文化をテーマに金沢に滞在しましたが、2007年に始まった金沢大学シニア短期留学は金沢から能登を巡ってきました。

関わったメンバーも会社を退職したり、60歳を迎えたり、それぞれ環境が変わる中、再び企画しようと話しています。

時期はメンバーが無理なく企画に関われる12月初旬で調整していきますので発表を楽しみにお待ちください。 HK

at 07:56, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

鹿児島の原口泉先生とお会いしました!

鹿児島の原口泉先生に今朝大阪でお会いしました。2010年4月、九州を離れる前に鹿児島に挨拶に行ったので、5年以上経つのでしょうか。



原口先生は鹿児島大学教授を辞して、現在は鹿児島県立図書館長、志学館大学教授や、その他多数の事業に関わっておられる。

シニア短期留学を国立大学法人鹿児島大学に提案し、大学理事会から原口生涯学習研究センター長が引き受けるなら承認すると言われたのが2006年1月。お会いする前夜に講演会が鹿児島であるのを偶然知って出向き、翌日お会いした時に昨夜会ったねと言われ、シニア短期留学は二つ返事で始まることに。2006年11月でした。

2005年6月、シニア向けフリーペーパー「フロンティア・エイジ」が日本初の国立大学法人琉球大学シニア短期留学が始まりましたが、2006年11月、大分県別府市にある別府大学と鹿児島大学で私の手がけたシニア短期留学が始まりました。

いつかシニア短期留学のOB会を鹿児島でやれることを楽しみにしたいと思います。 HK

at 21:31, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

シニア大学ネットより新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願い致します。

昨年はハワイ大学 in ヒロ校、和歌山大人大学をご案内しました。開講中にご参加された方からは、これからも是非継続して欲しいという声をたくさん頂きました。
2005年に始まったこのプログラムもここ数年、私よりも若い世代が参加されていますので、参加されている方の平均年齢は67歳と10年前と変わりません。新たなプログラムをご案内したいと考える所以です。



今年のシニア短期留学のラインアップは3月中に固め、6月には発表したいと考えています。

なお、事務局は本年4月から新たな取り組みを行うため、ハワイ大学プログラムの5〜6月実施は取り止めます。せっかく予定されていた方には申し訳ありませんがお知らせしておきます。

それでは、良い一年をお過ごしください。 HK

at 09:08, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

「舞鶴学講座イン東京」のお知らせ

本年度の「シニア短期留学」は、5月 ハワイ大学ヒロ校、9月 和歌山大人大学での開講をご案内し、無事終了しました。ご参加頂いた方は各地で旧交を温め、またあらたな出会いがあったことと思います。有難うございました。

さて、事務局を運営している小生は現在舞鶴観光協会で勤務しており、この度「舞鶴学講座イン東京」を関東圏にお住いの方に皆さまにご案内しました。

開講日:11月15日(土)10:00〜16:45
会 場: 東洋大学白山キャンパスにて
詳しくは以下をご覧下さい。





お申し込みは、FAXまたはeメールでお願いします。 HK

at 21:50, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

今年度のシニア短期留学について

桜前線も東北から北海道に移る本当に美しい時期、如何お過ごしですか。

本年のシニア短期留学は、「ハワイ大学ヒロ校」が5月27日から開講しますが、本日は残念なお知らせがあります。

これまで3年連続で実施してきました「北海道大学農学院シニア短期留学」ですが、本年度は農学院側が7〜9月業務・研究が立て込み、また、人員体制が拡充できないこともあり、開講出来ないという結論が出ました。
担当の小林先生からも、シニアの方々にお会いできる機会を楽しみにしていたのですが、事情をお汲み取りいただきたいとのメッセージをいただきました。

毎年ご参加された方や今年こそ参加しようと予定された方もあろうかと思いますが、またの機会にご参加いただければと思います。

他の大学での開講については決まり次第この場でお知らせしますのでよろしくお願いします。

2005年から始まったシニア短期留学は、今年10年目を迎え、大きな節目を迎えるように感じています。
当時は団塊世代が大量に退職すると騒がれた時期でした。沖縄、琉球大学では40名の方が参加され、2007年にはJTBがシニアカレッジを全国の国立大学8大学で開講しましたが、今も継続しているのは岩手大学のみです。これからの大学はシニア世代を迎え入れないと生き残れないともてはやされ、大学院で学ぶシニアが新聞で紹介されたことが懐かしく思います。その大学も地域との連携で評価されないシニア短期留学には関心がなくなり、企画することがむつかしくなっています。

その1期生の平均年齢は67歳でしたので、今年そのとき参加された方の平均年齢が77歳。団塊世代の方々が参加できるのはこれからであり、ここ2〜3年はやっと団塊世代が中心になってきました。
学びたいシニアが各地に出かけて1週間滞在しながら共に学び、語らい、また各地に戻る。単なる観光ではなく、その土地の歴史や文化、或いは大学の持つ研究成果に刺激を受け、また地域で頑張っていく。
こういったプログラムが継続出来ればと願うばかりです。
HK

at 07:17, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

新年のご挨拶

みなさん、明けましておめでとうございます。今年もどうか宜しくお願いします。



本日より、シニア短期留学の企画を再開します。まずは2回目の企画となるハワイのプログラムについて早期の発表を目指しています。
現在のところ、ハワイ大学ヒロ校シニア短期留学は当初より1日繰り上げ、5月27日から6月1日(日本には6月2日帰国)を予定しています。

また、3月には今年の国内プログラムの概要を固め6月に発表したいと考えています。 HK

at 10:46, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学の報告

12月17日、一般社団法人シニアと大学と地域ネットワーク杉山太郎代表理事への今年の活動報告を行い、来年も継続することを確認しました。


(写真左が杉山太郎さん、真ん中はレストラン・パポッキア信定さんと)

今年度はハワイ大学、北海道大学、和歌山大学でのシニア短期留学を実施しました。海外プログラムをハワイ大学ヒロ校にて初めて実施したこと、和歌山大人大学では1泊2日でも参加できるコースを初めて作りました。

ハワイ大学ヒロ校エドベンチャー事務局との交渉に2年近く要しやっと実現したプログラムには14名が参加。大学が手配したヒロハワイアンホテルに全員が泊まり、大学出身のヨーコさんの通訳で講義やフィールドワークに参加したが、想像以上に楽しかったという感想を全員から頂いたのが何よりでした。ヒロ島の雄大な大自然とハワイのおおらかさがあいまってハワイの魅力をたっぷり楽しめたプログラムでした。国内では参加者がホテルを手配することもあり、参加者の一体感が生まれにくい代わりに自由に行動できるが、海外では同宿が良いのでしょうね。

和歌山大人大学ではプログラムに1泊2日で高野山や熊野へのフィールドトリップに参加出来るコースを初めて作りました。産経リビング新聞ネットワークでの告知効果もあり、24名の参加がありました。
1週間のプログラム全体には参加しにくい方や行ってみたいところだけを選んで参加した方、初めてなので短いコースにお試しで参加された方にも門戸を広げたことで、今後の開催に含みを持たせられたかと思います。
1週間まるまる参加できる方だけを対象にすると、限られた方だけしか参加できないのでやってみて良かったと考えています。

来年度の実施に向けては、今年実施した大学プラス1〜2大学での実施をしたいと報告し、最後はワインの心地よさに浸りました。 HK

at 06:39, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学、今年度は全て終了

今年第5回目を迎えた「和歌山大人大学」は昨日修了式を無事終えました。私は開講式当日と修了式にしか出れず全ての方にご挨拶できず残念でしたが、天気も良く和歌山を堪能されたことと思います。


(和歌山城、初日の講義後天守閣まで上がりました》

大人大学はこれまで通期参加のみをシニア短期留学としてご案内してきましたが、6日間となるとどうしても参加者が増えないこともあり、今回初めて短期の参加を可能とした募集を行いました。通期と和歌山大学での講義のみ、高野山大学と高野山のフィールドワーク、熊野学とフィールドワークとしての熊野古道を歩く4コースに分けたところ、北は函館、南は宮崎まで全国各地から24名の方にご参加頂きました。
その評価は参加された方々からのアンケートなどから読み取り、今後の方向性に活かしたいと思います。

これで、今年度のプログラムは全て終了しました。1月「シニア短期留学 in 金沢」、6月「シニア短期留学 in ハワイ大学ヒロ校」、8月「北海道大学・サッポロ農学校」、そして和歌山大人大学」の4校のプログラムにご参加頂きました方には厚く御礼申し上げます。

今後のプログラムの予定は2014年4月にお知らせする予定です。確定次第実施の情報はこのプログでお知らせします。
また来年お会いできることを楽しみにしています。 HK

at 07:15, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

舞鶴・丹後学講座、大阪開催

昨日は大阪で初めて開催した「舞鶴・丹後学講座」でした。

小生は昨年から京都府舞鶴市の観光協会で働いていますが、過去に実施した鹿児島学講座や出雲路講座を運営・協力した経験もあり、舞鶴市に提案したもの。

今回はシニア短期留学に参加された在阪の方を中心にお知らせしたところ、10名以上の方が参加された。
一般社団法人シニアと大学と地域ネットワークとしても、こういった地方の地域学をご紹介していくことがシニア短期留学参加者の拡大や交流につながることなので、今後も機会があればご案内していきたいと考えています。

昨日の講義は、西舞鶴にある田辺城を築いた細川忠興公に焦点を当てた90分講座を2コマ開講して頂いた。


1講目は「細川幽齋と信長・秀吉・家康」。幽斎が歴史上果たした役割について熊本大学永青文化研究センター稲葉継陽教授が担当。
2講目は「細川幽斎と田辺城」。
丹後郷土資料館吉野健一学芸員が担当し、丹後統一や田辺城籠城と古今伝授を紹介された。

地域の歴史や文化を知る良い機会だった思います。

舞鶴・丹後学は9/21と9/29にも開催されます。
9/21は第二次大戦後海外からの引揚者を長年受け入れた舞鶴での「引き揚げ」の歴史。
9/29は東郷平八郎が海軍工廠基地とした明治時代の舞鶴に焦点を当てた「舞鶴軍港と地域社会
−海軍と舞鶴のかかわり−」。

詳しくは以下をクリックしてください。
http://www.maizuru-kanko.net/pc/event/maizurugaku.html

ご都合がつく方は是非ご参加下さい。 HK

at 12:38, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

サッポロ農学校2012 終了しました

9月9日から始まったシニア短期留学プログラム「サッポロ農学校2012」は9月14日12時半から始まった修了式、懇親会で終了しました。



松井博和農学研究院長の挨拶では、心の弱い学生に対処するための研修が来週あるが、日本ではこれまで徳育が欠けている。(中略) いつまでも世のため、人のために役に立つよう、いつまでも学び続けるようにという修了の挨拶がありました。

懇親会では一人一人感想を述べてもらいましたが、札幌駅に着いたら東京と同じようにビルばっかりでがっかりしたけど、北大のキャンバスはそれは素晴らしく、孫に是非入学しなさいと言うという発言もありました。

それほど、北大の環境は素晴らしく、みんな楽しんでいた事と思います。

大半が終了次第帰郷されるが、中にはそのまま北海道を車で回ると言う女性が二人もいてみんなビックリ。
来年も実施して欲しいという声もあり、惜しまれながら終了しました。

次は、9月23日から和歌山大学を舞台に開催される「和歌山大人大学」で間もなく開講します。 HK

at 07:05, ケンちゃん, その他

comments(0), trackbacks(0)

あずみの地域アカデミー 募集終了

あづみの地域アカデミーは募集終了しました。 HK

at 05:53, ケンちゃん, その他

comments(0), -

「ながさき歴史発見大学」開催延期について

 11月中で実施を予定していました「ながさき歴史発見大学」は延期となりました。

 これまで3回とも10月に開催してきましたが、諸般の事情により、本年は11月実施で調整していましたが、修学旅行シーズンとも重なったこともあり、来年3月開催を目指して改めてご案内させていただきます。 早ければ12月にはお知らせしたいと考えています。

 よろしくお願いします。   HK

at 12:09, ケンちゃん, その他

comments(0), -

鹿児島地域アカデミー

 2006年から始まった「鹿児島大学シニア短期留学」は3年間で終わりましたが、「鹿児島地域アカデミー」に形を変えて、本年は3泊4日の期間で開講することとなりました。

 NHK大河ドラマ『篤姫』の時代考証を務められた鹿児島大学法文学部・原口泉教授とNPO法人まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会・東川隆太郎代表理事のコーディネートにより、今回は坂本龍馬と薩摩との交流や歌人としての龍馬の魅力などを、鹿児島を歩きながら学びませんか。

 昨年、生誕200年を迎えた幕末島津の名君といわれた島津斉彬の藩主としての7年半の時代、日本の先進国入りに大いに活躍した国際派後継者が育っていますが、今年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、龍馬とおりょうの鹿児島・霧島への新婚旅行のシーンを見ることが出来ます。  HK


                           記

<シニア短期留学の概要>
 

1開催期間: 

   2010年10月16日(土)〜19日(火)4日間

2.受講内容

 1)かごしま交流センターでの講座

  ´◆龍馬と薩摩」

  「薩摩藩海軍の歴史―咸臨丸とジョン万次郎

 2)アクティビティ

   かごしままちなか散歩

   渡ってみよう、桜島!!

  「世界産業遺産をたずねるバスツアー

  まちなかのオアシス・城山散策

3.参加募集、資格

  年令:50歳以上の男女25人、最少催行人員:10人

4.申込締切

  9月24日(金)  但し、定員になり次第締め切ります。


<参加費用、申込方法など>


1.参加費用: 1人 
68,000

   

2.参加費用に含まれるもの:

   |楼茱▲デミー受講料

   ▲▲ティビティ費用

    開講式と修了式

   た事(昼食10/191回、夕食10/16, 18の2回)

   行程に明示した専用バス料金

3.参加費用に含まれないもの:

   ヽ特呂ら鹿児島市までの往復の交通費

   期間中のホテル宿泊費

   最寄駅・指定会場間の通学交通費

   っ訖(10/19を除く)・夕食(10/16, 18除く)

   じ朕妖な費用

4.お申込方法、その他

  別紙お申込書に必要事項を記入し、郵送かファックスで

  蠧本旅行あて送付してください。 同時に、お申込金        

  20,000を添えるか、1週間以内にお支払い下さい。

  詳しくは27ページの旅行条件書(要約)をお確かめ下さい。


<お問い合わせ、申込は>

株式会社日本旅行 システムトラベルセンター

131-8565  東京都墨田区堤通1-19-9
 
 リバーサイド隅田セントラルタワー10階
TEL 03-3614-3625(営業企画)

FAX 03-3614-5627

平日9301730土曜・日曜・祝日休み


または、
 

株式会社日本旅行 関西企画旅行支店

541-0051 大阪市中央区備後町3丁目4 -1

                      山口玄ビル6階
  
TEL 06-6209-0707  

  FAX 06-6209-0606
平日10001800土曜・日曜・祝日休み


at 12:08, ケンちゃん, その他

comments(0), -