» トピックス&ニュースのトップ
search this site.
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
new entries
archives
categories
mobile
qrcode
others

ハワイ島シニア短期留学プラン

ハワイ島シニア短期留学』は、5月20日(金)申し込みを締め切り、催行することとしました。。



(カメハメハ大王像の前で2013)

参加される方はホノルル経由ヒロ空港までの往復航空機の予約やパスポート取得をお願いします。
パスポートを取得された方は、各自の旅券番号や顔写真のあるページをコピーして事務局までお送りください。

これから参加を希望される方は、ホテルの部屋が確保できること、1人参加でツインを1人で利用する方に限りお受けします。もちろん2人で参加の場合は部屋が取れればご参加頂けます。
第2次締め切りは6月2日(金)とします。

催行が確定したことで参加したい方がおられましたら、携帯電話または、ファックスにてご連絡下さい。 HK

at 06:30, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

美しいハワイ島へようこそ!

ハワイ島事務局のクラウディアからのメッセージです。

 クラウディア・ジロリ  

CEO ハワイアン・エデュケーショナル・パーシューツ


ハワイアン・エデュケーショナル・パーシューツ(HEP)と優秀なチームを代表して、2017年7月12日〜17日ハワイ島のエドベンチャー(education―教育とadventure―冒険の造語)プログラムをご案内するのを大変嬉しく思います。


HEPは22年間、ビッグアイランド・ハワイ島のコミュニティやハワイ大学の教育専門家の方々と協力し合い、様々な海外からの参加者に学びの機会を提供してきました。このプログラムでは地質学、火山学、植物学、ハワイの文化、海洋科学、宇宙科学について探求し経験する機会を持つことが出来ます。きっとハワイの自然や歴史への興味を深め、貴重な文化交流と私たちのハワイの島の文化との比較などかけがえのない有意義な機会をもたらすことでしょう。


私は20年以上ハワイ大学ヒロ校で教育専門家と自然学者として勤務、ハワイの島を訪れる学習目的の旅行者対象のプログラムとカリキュラムを作成してきました。ハワイ大学に勤務する前18年間、カリフォルニアとハワイで教職についていました。教育者として過ごしていた間を通して、課題解決型学習と実地体験をもって確実な取り組みを奨励しながら生徒主体の学習環境を作りそれに携わってきました。


今年も多くの日本の方が来られることをお待ちしています。

  Warmest Aloha!


アメリカの
エルダーホステル運動を支えてきたメンバーが揃っており、ハワイ大学では対応できなくなりましたが、ハワイ島ならではの得難いプログラムが体験出来ることと思います。 HK

at 14:10, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in ハワイ 募集開始

かねてよりお知らせしていましたシニア短期留学 in ハワイ(ハワイ島エドベンチャー

プログラム)を募集することになりました。
ご案内は4月17日の週にお送りしますのでご確認ください。

また、このブログを見て参加希望される方がおられましたら、コメントでお知らせください。

マウナケア山頂
(マウナケア山頂の天文台)

概要は以下の通りです。 HK

1.募集人員: 16名(最少催行人員 10人)

 *万一、最少催行人員に満たない場合は、申込締切後、実施を取りやめる場合があることを

  ご承知おきください。


2.開催期間:2017年7月12日(火)〜7月17日(日) 6日間

 *この日程はハワイ島での滞在期間です。時差の関係で、日本発着は7月12日から

  7月18日までの7日間です。


3.受講費用:1人 268,000円(ヒロ滞在費のみ)


4.参加資格:年令:50歳以上 男女


5.申込締切:2017年5月20日(金) 

  但し、定員になり次第締め切ります。


6.受講内容:ハワイアン・エデュケーショナル・パーシューツ(HEP)が提供する講座と

  校外学習のテーマは、教室で受講するのではなく、テーマにふさわしい環境で体感型の

  プログラムです。

   

  ◆7月13日「火山と溶岩を訪ねて」   

  ◆7月14日「ハワイと宇宙〜マウナケア山頂へ」

  ◆7月15日「ハワイのフラと文化−ヒロ市内へ」

  ◆7月16日「ハワイの歴史を訪ねる−聖地ワイピオ渓谷へ」

  *講義・案内は英語ですが、日本語通訳が入ります。


7.参加費用に含まれるもの:

 ?ハワイアン・エデュケーショナル・パーシューツ(HEP)が用意したプログラム費用

 ?食事代(朝食5回、昼食3回、夕食5回)   

 ?宿泊代(ヒロハワイアンホテル、ツイン2人使用相部屋、5泊分)

 ?専用バス(日程に明示した内容)   

 ?事務局駐在費用

 ?旅行傷害保険(主催旅行費用保険に準じて加入)


8.参加費用に含まれないもの:   

 ?日本各地からハワイ島ヒロまでの往復航空運賃

 ?ヒロ空港からハワイアンホテルまでの往復交通費

 ?食事代(7月15日昼食)

 ?飲み物代、その他個人的な諸費用   

 ?旅行傷害時保険

 

9.お申込について

 下記のシニア短期留学事務局へ申込書を郵送またはFAXしてください。

 申込書到着後、「開講までのご案内」をお送りします。

 お申し込み後、2週間たっても案内が届かない場合はお手数ですが事務局までご連絡ください。


10.費用のお支払いについて

1)受講費用の支払い 申込金 60,000円 お申し込み後1週間以内に

   残金 208、000円 6月9日(金)までにお支払いください。

   残金一人部屋等の請求書をお送りします。  

   お支払方法はパンフレット記載指定口座への銀行振込のみとなります。

   受講料振込の際の手数料は申込者のご負担となります。

   最少催行人員に満たずに催行を中止する場合は申込金は全額返金いたします。

2)取消について

   取り消される場合は電話にてご連絡ください。

   取消料はHEPとの取り決めで設定してあり、旅行会社の取消規定とは異なります。


11.その他

1)この講座は(社)シニアと大学と地域ネットワークが企画し、ハワイアン・エデュケー

  ショナル・パーシューツ(HEP)が講義、校外活動、バス手配、ホテル宿泊や食事の一切

  を手配するシニア短期留学特別講座です。

  開催期間中は現地事務局を開設しますので、安心してご参加ください。
2)旅行傷害保険へのご加入のお願い

  大学側は滞在中の病気やけがに備えた傷害保険には加入しておりません。各自必ず旅行

  傷害保険に加入されるようお願いします。 なお、シニア短期留学事務局は万一に備えて

  旅行会社特別費用保険に準じた旅行傷害保険をおかけします。
3)日本発航空機の手配など   

  ヒロ・ハワイアンホテルに直接ご集合いただきます。 日本の空港〜ホノルル空港〜ヒロ

  空港発着の航空機予約は各自手配をお願いします。航空機の手配はご希望があれば日本旅行

  などに手配を依頼しますので、申込書にその旨お書きください。ご希望頂いた方には別途

  旅行会社よりご案内させていただきます。
4)ホテル1人部屋ご希望の方 ホテルには1人部屋がありません。

  2人部屋(ツインまたはダブル)を1人使用ご希望の場合は追加料金(48,000円)

  をお支払い頂きます。ただし、そのことにより他の方がやむを得ず1人使用になる場合

  は、追加費用が発生することがあります。

  1人使用をご希望の方は申込書にてお申し出ください。
5)ホテル海側の部屋をご希望の場合

  参加費用は以下となりますが、ホテルの予約の都合上お取り頂けないことがあります。

  その場合は差額を返金します。海側ご希望の場合、

   ◆ツイン2人利用 10,000円追加(278,000円)

   ◆ツイン1人利用 70,000円追加(338,000円)
6)この企画は2017年3月25日付為替レートに基づいており、大学への支払期日に

  より為替変動が起こった場合は、値上げをお願いする場合があります。 
7)不明な点は遠慮なくご連絡ください。

at 07:17, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in ハワイ島

ハワイ大学ヒロ校EDUVENTURE CENTERの協力で2013、2014年に実施した「シニア短期留学 in ハワイ島」は、大学側の短期滞在受け入れ中止により2015年から取りやめています。

しかしそのプログラムに関わっていた人たちとのつながりは続いており、参加したいというご希望もあり、いままた復活させたいとハワイ担当事務局のマサコさんに最後の交渉を重ねてもらっています。

実施時期は受け入れ側の都合や航空運賃の安い時期を考え、以下の日程でみなさんにこのブログで3月中には発表したいと考えていますが、まだ結論が出ません。
途中経過として、お知らせしておきます。 HK


実施予定期間:2017年7月12日(水)〜7月17日(月) 6日間
*そのまま日本に帰られる場合は、日本到着は18日(火)の7日間になります。

at 06:44, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

琉球大学を訪問

今日は「シニア短期留学 in 沖縄2016」の反省会で琉球大学、荒川教授の研究室に、事務局を担当したイーストホームタウンの相澤代表と訪問。



昨年12月に実施した沖縄プログラムを参加者アンケートを基に振り返り。
「長寿と健康」をテーマに大学での講義、やんばるや南城市でのアクティビティを行なったが、参加者の評価や意見を読み取り、共有化しました。


写真は琉球タイムスに紹介された記事です。


シニア短期留学 in 沖縄2017は11月26日(日)から12月1日(金)までの期間で開講予定することになり、大まかなプログラムの流れを固めました。
今後沖縄側で講義やアクティビティなどを決定し、遅くとも6月には発表することになりました。 HK

#シニア短期留学 #シニアカレッジ #国内留学

at 09:00, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年は和歌山、岩手、沖縄でのシニア短期留学をご案内しましたが、この事業の継続にご支援をいただき厚く御礼申し上げます。

本年も気持ちを新たに各地での短期留学をご案内していきます。
どうかよろしくお願いいたします。

2017年元旦


一般社団法人シニアと大学と地域ネットワーク
理事・事務局長 釼菱英明

at 09:20, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

やんばるへのフィールドワーク

沖縄3日目は本島北部やんばるに向かいました。

北部では、許田インターを降り、まずは万国津梁館を訪問。2000年サミット開催会場だったところです。


道の駅許田でトイレ休憩を兼ねたお買い物タイムを取り、昼食は大宜味村の「笑味の店」。定休日なのに特別に開けてもらい「長寿弁当」を頂く。自らやおばあたちの作った島野菜などの食材を使った沖縄料理はなかなか食べれないものでした。


金城笑子さんがおばあたちの島野菜を残したくて1990年に開店し、NHKなどでも紹介されている。



さて、いよいよ、やんばるでのウォーキング。奥間から比地キャンプ場入口に向かった。


ガイドの先導で片道約1.5kmを歩く。
しばらく緩やかに上がったり下りたり。遊歩道が完璧に整備されている。


比地大橋からはかなりきついと脅されたが、まずは下る。


唯一ある休憩小屋を過ぎるとかなりの登りだが、距離は残り200m程度。


大滝に到着。かなり水量があり、マイナスイオンをいっぱい浴びて気持ちが良かった。


それぞれのペース判断で登るなり、途中の休憩所や大橋で引き返す人あり。

帰路、やんばるカンナタラソラグーナでの海洋療法体験。


インストラクターから海水でのストレッチなど教わり、ジャグジーとかプール歩いたり。
すっかり、1日の疲れが取れたようでした。 HK

at 09:08, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学 in 沖縄」開講です

12月4日(日)、那覇市国際通りに面したホテル山の内に17時参加者が集まり、開講式・オリエンテーション・懇親会を行いました。



今回の参加者は関東関西を中心に12名。男子7名、女子5名。最高齢者は89歳。

このプログラムは現地集合解散形式であり、自分で手配してもらうことを前提にしているが、旅行会社に航空機やホテルの手配を依頼したのは5名。

司会進行は私が行ない、琉球大学の荒川教授、事務局役の相澤さんからもプログラム全体の説明など行い、乾杯の音頭は2005年第1回に参加された畑さんをお願いしました。



ビュッフェスタイルの沖縄料理の数々。ラフテーやゴーヤチャンプルーなど。



参加者全員が最低1回はこのプログラムに参加されただけあって、すぐに打ち解けて話の輪が広がり、参加した全員の自己紹介を行ない、散会しました。

12月5日から9日まで5日間のプログラムが始まります。

at 06:22, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

沖縄短期留学 最終案内

最終案内書の発送が思ったより遅くなりました。本日、日本旅行より発送していただきますが、主要な情報をおしらせしておきます。

1)開講式
集合日時:12月4日(日)17時
集合場所:ホテル山の内(3階個室)
住所:那覇市牧志1-3-55(国際通り沿い)

17時〜19時 オリエンテーション、開講式、懇親会

各ホテルからの所要時間
ホテルグレイスリー那覇、徒歩7分
西鉄リゾートイン那覇、徒歩14分


2)12月5日(月)、琉球大学にて講義
午前8時、沖縄県庁前集合、バスで大学に向けて出発
午前9時〜12時10分まで2コマ講義。

大学生協中央食堂での昼食が可能です。
昼食後、自由行動。帰路は、各自、琉球大学東口から那覇バスで那覇市内までお戻り下さい。
1時間に2〜3本、所要時間約50分。料金520円。時刻は最終案内書に記載しています。


3)変更点

12月6日(火)沖縄北部やんばる森林浴プログラムでは、沖縄最大の火じ疲れを取るためもあり、「かりゆしカンナタラソラグーナ」でタラソテラピー(海洋療法)を体験していただきます。那覇への戻りが18時以降の予定です。


4)沖縄の気候

12月の平均気温は18.7度。最高気温21.2度、最低気温16.3度
東京は最高気温11.9度
、最低気温3.5度。

5)服装など

風が強まりやすいので、体感温度は数度低く感じます。ジャケットやウィンドブレーカーなどあった方が良いです。

沖縄北部やんばるの森でのハイキングは舗装された道を高低差200mで上ります。ゆっくり歩きますが、歩きやすい、滑りにくい靴をご用意下さい。

タラソテラピーでは、水着・キャップ・タオルをご持参ください。レンタルの場合は、850円かかります。


6)宅急便をご利用の場合
予約ホテル部屋番号、チェックイン日を明記してお送りください。


ご質問があれば、携帯でシニア大学ネット事務局までお問い合わせください。
HK

at 20:18, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

沖縄北部、やんばる森林浴エコヘルスプログラム紹介

50歳以上のシニアが参加する「沖縄短期留学」。

3日目、12月6日は終日沖縄本島北部へ移動し、豊かな自然と固有種が保全された「やんばる(山原)」をフィールドに、環境と健康をテーマとした体験型実習です。

コースは、許田インターを降りて、サミットの開かれた「万国津梁館」や許田道の駅に寄り、午後は、やんばる森林セラピー体験として、国頭村にある比地キャンプ場から比地大滝まで往復約2時間ゆっくり森林浴を楽しみます。

比地大滝は沖縄本島最大で落差25.7m。高低差 最大約200m、片道約1.5kmを歩きます。キャンプ場から遊歩道が整備され、上り階段が続きますが、ゆっくりしたペースで登ります。

終了後は、疲れた体を海洋療法施設「かりゆしカンナタラソラグーナ」でのタラソテラピーで癒し、那覇に戻ります。

最終案内書は、来週早々郵送します。
HK

at 22:14, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)