» トピックス&ニュースのトップ
search this site.
smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
new entries
archives
categories
mobile
qrcode
others

新年のご挨拶


謹賀新年

旧年中は大変お世話になり、有難うございました。

本年もどうかよろしくお願いします。

2018.1.1


昨年は7月ハワイ島、11月沖縄にてシニア短期留学を開催しました。
また、岩手大学シニアカレッジ、和歌山大人大学講座を連携によりご紹介しました。

「シニア短期留学in ハワイ」のプログラムは、ハワイ大学ヒロ校エドベンチャーに携わってきたハワイアン・エデュケーショナル・パーシュートの協力により7月にご案内しました。
ハワイ島マウナケア山頂でのサンセットツアーでは0度の寒さの中、神々しいまでの夕日を眺め、ハワイ人の祖先が星を眺めながら航海して来たことを実感する星空観測でした。



クムフラのケワラオ・テイラーさんからフラの歴史や手作りの道具などを通じて心を知る思いでした。


参加メンバーが和気あいあいとハワイ人や移民の歴史、雄大な自然に触れたりと、ハワイ島ヒロに5泊するプログラムでした。




また、第2回目となった「シニア短期留学 in 沖縄」は、11月26日から開講。
第1回参加者からのアンケート結果をもとに、歴史や文化、自然、現在の沖縄の課題などのテーマを大学で学び、実際に現地を歩く組み合わせで、より理解が深まったという声を多く頂きました。



浜比嘉島の沖縄開闢の祖といわれるアマミチューの墓を訪ねました。


最高齢者90歳を筆頭にシニア男女が修了証を受理し、記念撮影。

本年のプログラムは、6月には確定させ、このブログで決まり次第おしらせします。
では、良い年をお過ごしの上、お会いできることを楽しみにしています。

一般社団法人シニアと大学と地域ネットワーク
理事・事務局長 釼菱英明

at 15:45, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

最終日を迎えた沖縄プログラム

11月26日から始まった第2回シニア短期留学 in 沖縄は、12月1日最終日を迎え、牧志公民館にある琉球大学那覇サテライトに集合。

まずはてんぶす那覇に移動。


那覇まちま〜いガイドのお二人と対面。


牧志公設市場周辺まち歩きに出発。平和通りに入る。


むつみはし通りでは沖縄の動植物がアーケードの店の上にあるのに気づく。


改めて発見のあるまち歩き。


北海道から沖縄までやって来た昆布などを扱った店もある。


牧志公設市場二階には写真展示もある。


那覇には千円でべろべろになる「せんべろ」がある。


琉球大学那覇サテライトに戻り、修了式。荒川雅史教授より挨拶の後、修了証書を手渡し、一人ずつ感想を述べてもらいました。


最後に、全員の集合写真を撮りました。


皆さんからは大学で学び、フィールドワークでさらに確認することができ良かった。神の島・久高島に行けて良かった。家庭滞在での歓待ぶりに感激した。など、充実していたとの感想を多くいただいた。 来年度も実施して欲しいとの言葉を受けて、来年2月には事務局で反省会を開き次回の予定を発表することをお伝えして、昼食会で歓談。予定の13時半に解散しました。
また、お会いできる日を楽しみに! HK

at 22:32, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄で家庭訪問は音楽とともに

11月30日の夜は沖縄らしいまさに「大人の修学旅行」、泊まらない民泊体験でした。

南東部に位置する南城市大里の大城家を訪問。

南城市観光協会の屋我さんの進行、ご家族の紹介に続き、



沖縄の典型的な間取りの家ですとご主人の挨拶と乾杯で宴会が始まりました。


前日から用意された料理はお盆や正月に出すとても盛りだくさんでした。


水戸から来ていた高校生が民泊滞在中で訪ねて来て、一緒に三線と歌を楽しんだ。


沖縄の音楽は踊りと共にある。地元の演奏家で大いに盛り上がった夜でした。


大勢での記念写真


シニア留学でのはじめての個人宅での宴会は、また一味も二味も違う体験でした。 HK

at 06:25, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄5日目は南部へ

沖縄一の聖地と言われる神の島・久高島へ高速船で向かう15分の船旅。県庁前で集合し、貸切バスで南城市の安座間港に向かい、9時発に乗船した。



ライトバン二台、ガイドはうちまさんとにしめさん。


海につながる一本の道は神の道と言われる。



最終の目的地 カベール岬では植物や石など一切持ち帰りできません。


外間殿はフカマドゥンと言われ、島の行事は全てここで行われている。


石の塀で囲まれた家々を歩く。


家には、ヒンプンという目隠しがあり、魔除けの意味がある。


帰りは13時発のフェリーで本島に戻る。約20分。


スピードが遅い分揺れはマシ。

本島に戻り、昼食は、くんなとぅで。


もずくそば定食を頂く


近くの奥武島いまいゆ市場で海ぶどうや島バナナなどお買い物。


日程最後はゆいんちホテル併設の日帰り温泉・猿人の湯に入浴。

しばし、マッサージチェアや長椅子でのんびり。



地元の家での宴会までリラックス。

at 06:23, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄4日目は琉球大学で

11月29日(水)は大学での講義日。

沖縄県庁前に7時40分集合し、貸切バスで琉球大学に向かった。那覇市内は通勤ラッシュでよく混んでました。

講義は
1コマ目は9時開始。「国際情勢と基地、沖縄経済の課題と展望」で、講師は沖縄国大学教授・前泊博盛氏。琉球日報を辞めて大学に入った方で、テレビで良く見る顔だ。

講義はいきなりアップテンポで基地問題の試験は、残念ながら知らないことばかり。軍事・経済安保や、メディアの伝えるオスプレイ不時着を海外では墜落と報道する事実、軍事・経済安保と従属、天皇の生前退位と靖国問題、沖縄の基地より経済発展の伸びなど話は多岐にわたった。


2コマ目は、「現代沖縄と観光」、講師は荒川雅史教授。
伸び続ける沖縄への観光客はついにハワイを抜いたが、消費額はハワイの39%で勝てない。米軍基地返還後の再利用は基地経済を上回り、大きな経済効果を生んでいることや、今後の国際会議場を中心とした観光誘致策など大いなる発展を感じさせる内容でした。


学生食堂での昼食。


昼食後、路線バスで那覇市内に戻り、各自思い思いに過ごすことに。


残すところあと2日でこのプログラムも終わる。HK

at 06:50, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

沖縄3日目は中部へのバスツアー

11月28日(火)は、バスツアーで本島中部の世界遺産フィールドワーク。

まずは、世界遺産の勝連城址を訪ねた。現地で待ち受けていたのはガイドの我如古と書き「がねこ」と読む。バスガイドを務めていただけあって飽きさせない案内ぶり。



高さ約100mまでゆっくりハイキング。


海中道路を超え、創世神話の島、浜比嘉島へ。沖縄開闢の祖といわれるアマミチューの墓へ。良い眺めでした。


また、アマミチューとシルミチューの男女神が住んだと言われる大きなガマ(洞窟)を訪ねた。


眺めの良いホテル浜比嘉島リゾートで昼食。


海の駅あやはし館2階・海の文化資料館で山原船とマーラン船の交易歴史を知る。


世界遺産「中城城跡」を見学。

ペリー一行がエジプト式と評価した精巧なアーチ門も美しい。

夜は希望者のみで、交流会を実施。
現役の中国からの留学生や昨年関わった元学生も顔を出してくれて大いに盛り上がりました。 HK

at 08:15, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

沖縄2日目は琉球大学で講義

11月27日(火)は貸切バスで琉球大学に向かい、講義を3コマ受けました。


1コマ目は「琉球の文化芸能
法文学部国際言語学科教授の大城學氏による、玉城朝薫(たまぐすくちようくん)と組踊について。
組踊とは古語によるせりふ、音楽、所作、舞踊の組み合わせで、1719年から中国(明)の冊封使を見せるために発表されたそうだ。琉球舞踊と異なり、継承に課題があるとのこと。

2コマ目は「琉球の歴史
琉球歴史研究家、琉球大学沖縄文化研究所国内研究員の上里隆史氏による、沖縄の時代別歴史概観。
沖縄の歴史区分に基づき、貝塚時代、古琉球、近世琉球、近代、戦後と分かりやすく説明された。NHKテンペストでの時代考証ではデータがなく苦労したなど興味深い話でした。

昼食は中央食堂で自由に選んで。

午後、会場を博物館に移動。


3コマ目「琉球の自然
琉球大学博物館学芸員、同法文学部講師の佐々木健志氏。
絶滅危惧種の保存や世界自然遺産登録への取り組み、民芸運動と金製品の紹介の後、展示品を見学。学生も博物館を知らないまま卒業するのが多いそうです。


今日は大学院生で中国人女性の王さん、林さんが朝から同行し、昼食で少し会話。それぞれ、グリーンツーリズム、薬草によるメディカルツーリズムが研究テーマとか。

15時に終了し解散。琉大北口から路線バスで那覇に戻りました。
HK

at 06:24, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

首里城に集合

11月26日、首里城公園内の首里杜館(すいむいかん)情報センターに集合。

企画監修・協力された琉球大学ウェルネス研究分野荒川雅志教授から、昨年初めて実施し今年来られた方も多く、初参加の方にもまた来ていただけるように、沖縄の魅力を伝えたいとのご挨拶。


沖縄側事務局イーストホームタウン沖縄の相澤さんから全体のプログラムを説明し、早速首里城に出向く。あいにくの雨でしたが、世界遺産 園比屋武御嶽(そのひやんうたき)の前で住所と名前と沖縄での無事を願う。



首里城内では増築された建物など見学。出来て3年以上経過するそうで、しばらく来ていなかったですね。


そのあと、首里殿内(すいどぅんち)にて夕食交流会。美味しい沖縄料理を楽しみ、恒例の自己紹介タイム。


20時15分に終了し、タクシー分乗で流れ解散。それぞれ、県庁前周辺の各ホテルに向かいました。 HK

at 07:54, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

いよいよ沖縄講座が開講です

シニア短期留学 in 沖縄のプログラムが今日から12月1日まで開講です。

事務局の私も神戸空港からスカイマーク航空で那覇に向かいます。

集合場所は首里城公園内の休憩所で16時集合。
開校式後に首里城を見学し、首里殿内で交流会。沖縄スタイルのお店が楽しみです。

明日から琉球大学での講義とバスツアーを一日置きに繰り返し。 夜も28日は学生と、30日の交流会は地元の方達との触れ合いもあり、楽しみです。

12月1日は那覇まちま〜い(まち歩き)と昼食会で解散。


12月1日は那覇まちま〜い(まち歩き)と昼食会で解散。
これで今年のプログラムは最後です。HK

at 09:08, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

舞鶴学講座、開催のお知らせ

『舞鶴学講座2017』を12月2日(土)に開催します。

今回のテーマは、「ユネスコ世界記憶遺産」に登録された舞鶴から世界へ 語り継ぐ『引揚げの史実と継承』と、引揚のご縁で広がったウズベキスタンとの国際交流に焦点を当てた講座です。

関東在住の方にはすでにご案内を差し上げていますが、ホームページでもお知らせしておきます。参加可能な方はぜひお越しください。シニア大学ネットを運営している小生は、今年も舞鶴観光協会で勤務している関係での案内です。もちろん、私も会場におります。 HK

開講日: 12月2日(土)13:30〜17:00

会 場: 東洋大学白山キャンパス 2号館16階スカイホールにて
東京都文京区白山5-28-20

募集人員: 80名(先着順) *どなたでも参加できます。

資料費:500円

講座内容:

13時 会場・受付

13時30分 開会あいさつ

13時35分〜 まいづるの紹介

13時45分〜 講座「シベリア抑留史実と継承」

講師: 小林 昭菜 氏

(法政大学非常勤講師、政治学博士)

15時〜 休憩

15時10分〜 講座「引揚港・舞鶴の取り組み」

講師: 長嶺 睦氏
(舞鶴引揚記念館学芸員)
講座「ウズベキスタン紹介」
講師:レアルトゥル・エドゥアルドゥヴィッチ氏

(舞鶴市ウズベキスタン国際交流員)

16時20分〜 須賀ゼミ成果発表会

東洋大学国際地域学部国際観光学科・須賀忠芳教授および須賀ゼミ生

16時50分 閉会あいさつ


17時 終了予定

会場への案内:

http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html



at 11:10, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

「シニア短期留学 in 沖縄」締め切り

「シニア短期留学 in 沖縄」は本日10月26日が開始日の1ヶ月前で、募集締切日としています。


(写真:琉球大学観光産業科学部棟)

すでに最少催行人員の15名には達しましたが、定員までは余裕がありますので、飛行機とホテルの予約が可能であればまだ参加可能です。

今週に入ってからもお問い合わせを頂いていますので、週明けの10月末まではお受けするとご案内しています。
どうぞ遠慮なくお問い合わせください。
HK

at 07:42, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in 沖縄、催行確定です

申し込み締め切りの10月26日には少し早いですが、航空機の予約の関係もあり早めに催行確定させることとしました。

シニア短期留学 in 沖縄2017」は、催行確定です。

航空機やホテルの手配をまだされてない方はただちに手配していただくようにお願いします。


(ゆいレールで那覇空港から市内に)

2005年に琉球大学で始めた「シニア短期留学」は、昨年10年ぶりに新しい体制で沖縄のプログラムを復活し、間際の募集にもかかわらず12名の方にご参加いただきました。

みなさん基本は一人参加であり、それぞれが那覇空港までの航空機や那覇市内のホテルを自身で手配されました。ホテルは沖縄県庁前での集合に便利なホテルをご予約ください。不安な方は、日本旅行にご依頼下さい。



今年のプログラムは、昨年参加された方々からご希望の多かった琉球の歴史・文化・自然に焦点を当て、通常の観光ツアーや個人旅行では決して体験できない琉球大学での学びと郊外へのフィールドワークを組み合わせました。

以下は、このプログラムで皆さんを受け入れる琉球大学教授、琉球大学ヘルス・ツーリズム研究分野ウェルネス研究プラットフォーム代表の荒川雅志先生よりの歓迎のメッセージです。



沖縄は、日本の最南端、最西端に位置し、大小160の島々で構成される小さな島よ県ですが、視点を変えれば台北、上海、香港、シンガポールなど主要都市、成長著しいアジア圏に近接する地理的優位性を有し、アジアの活力を取り込み、我が国の新たな創造と成長を実現する『アジアゲートウェイ構想』のフロントランナーと期待されています。
世界でも屈指のエメラルドの海、豊かな自然環境と生物多様性の宝庫でもあり、年間を通じて温暖で過ごしやすく、ゆったりとした時間が流れるこの島には、かつて東アジアの貿易の拠点として華々しい繁栄した琉球王国時代からの歴史、文化が今も色濃く受け継がれています。
温暖で美しい海洋自然、独自の歴史、文化より培われた世界一健康長寿の知恵に学び、固有の食材を楽しむ沖縄の旅で、心身ともに癒され、明日への活力を得る旅となることを期待しています。沖縄の歴史・文化・自然に学ぶ短期留学へのご参加を心よりお待ち申し上げます。


開講式はここから始まります。


詳しくはこちらをご参照下さい。

at 21:36, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

昨年の沖縄のプログラムを紹介

シニア短期留学 in 沖縄2016

昨年のテーマは「健康長寿に触れる」
沖縄の持つ素材の力に触れ、健康長寿と人生の活力へのヒントをつかむ沖縄旅でした。


12/4(日)沖縄入り

今回はゆいレール「おもろまち」駅から通学したくて、ロイネットホテルおもろまちを予約した。ゆいレールで毎日県庁前に通勤ならぬ集合で、2両しかなく思ったよりラッシュアワー。


国際通りの山の内ホテルでオリエンテーションと歓迎でしたが、再会した人も多く、初参加の方もすぐに溶け込んだ。
それがこのプログラムの心地良さです。



12/05(月)琉球大学での講義

いきなり一コマが90分の2講義もあっという間に終わる。


学生食堂にてめいめい昼食。


昼食後は路線バスで那覇市内に戻る。


夜は、それぞれ思い思いに過ごしたが、私は大阪・枚方(ひらかた)市在住の知人と共通の知人の経営する居酒屋「みつばあばの台所」へ出かけた。


12/6(火) 北部やんばる森林浴エコヘルスプログラム

バスツアー、まずは万国津梁館へ。


大宜味村の「笑味の店」での昼食


沖縄本島最大の比地大滝までのウォーキング。片道1.5km、高低差200mをゆっくり歩きました。


最後は歩き疲れた体を海水プールで体操と癒し。


夜はフリー。シニア短期留学参加者の、いきつけの居酒屋で楽しい時間を過ごした。


12/7(水) 南部精神文化とウェルネスプログラム体験

聖地ヤハラヅカサで呼吸法体験


長寿薬草園での昼食はみんなハーブ園を見ながらがおかしかった。


ハイライトは世界遺産「斎場御嶽(セーフーウタキ)」。


夕食は自由なので、沖縄県立博物館近くの「けんぱーすばや」の沖縄そばで軽めに。


12/8(木) 琉球大学で講義

ふたコマの講義、学食での昼食後、私は路線バスで那覇市内まで向かい、本屋に立ち寄る。

夜は希望者と学生たちが「ぱいかじ国際通り店」に集まり交流会。


終了後、荒川教授と沖縄側事務局の相澤さんと軽く反省会。



12/9(金)最終日
琉球大学サテライトで講義と修了式

全員で記念写真。事務局の私も担当の荒川教授から卒業証書をもらってしまった。


お別れ会はレストランRed Lobsterにて行なった。


2005年から始まったシニア短期留学は琉球大学からだったが、新たなメンバーと意気投合し、2016年沖縄で再び始まった。
2017年はその成果と反省に立って練ったプログラムです。ぜひご参加ください。 HK


at 22:00, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

和歌山大人大学が短期開催

和歌山大人大学2017は2日間、一コマから参加できる形式で開催します。

これまで協力したこともあり、シニア大学ネットでもご紹介します。

今回のテーマは“和歌山ゆかりの偉人”。著名な研究者6人を講師に迎え和歌山大学で開催します。これまで知らなかった偉人の素顔、研究者だからこそ語れる刺激的かつ興味深い講義を受講できます。 私も参加したいと考えています。

募集要項 1.開催期間9月25日(月)〜9月26日(火)2日間
2.開催場所和歌山大学(和歌山市栄谷930)
3.募集人員各講座 定員50名
4.各講座受講料1,000円(税込)
5.申込方法「お申し込み」ページをご参照ください。
6.申込締切日2017年9月20日(水)
※定員になり次第締め切ります。

詳しくは以下のホームページをご覧ください。
和歌山大人大学2017

at 07:54, ケンちゃん, 和歌山大人大学

comments(0), trackbacks(0)

シニア短期留学 in 沖縄2017 募集開始

JUGEMテーマ:学問・学校

暑い日が続きますが、如何お過ごしですか。

昨年始まった沖縄でのシニア短期留学、今年もいよいよ募集開始です。

今年のテーマは「琉球の歴史・文化・自然に学ぶ旅」。

昨年の参加者からご要望の多かったテーマを取り入れています。


これまでに参加された方にはパンフレット、申込書を8月11日に郵送しました。

パンフレットをご希望の方は、当ブログのコメント欄にお知らせください。

折り返し、パンフレット等をお送りします。 HK

講義風景



(昨年の大学での講義風景)


概要は以下の通りです。

開催期間/20171126日(日)〜12日(金)6日間

参加費用/おひとり様 88,000

参加募集、資格/50歳以上の男女(定員25人、最少催行人員:15

申込締切/10月26日(金) 但し、定員になり次第締め切ります


お申し込み方法/まずはパンフレットをご請求ください。

同封した申込書に必要事項を記入し、郵送かファックスで日本旅行あて送付してください。 

同時に、お申込金20,000を添えるか、請求書を送りますので1週間以内にお支払い下さい。

参加費用に含まれる主なもの

 ○ シニア短期留学 in 沖縄 受講料

 ○ アクティビティ参加費用 

 ○ 開講式・オリエンテーションと修了式費用

 ○ 食事代(昼食 11/28、30、12/1の3回、夕食11/26 の1回)

 ○ 市内から大学まで片道送迎(11/27、29 利用)

 ○ 郊外へバス利用(11/28、30 の2日間利用)

参加費用に含まれない主なもの

 ○ 各地から沖縄までの往復の交通費

 ○ 那覇市内の宿泊費

 ○ 琉球大学から市内への帰路の送迎

 ○ 開講式や学外アクティビティ集合地への交通費

 ○ 食事代(費用に含まれない朝食、昼食、夕食)

 ○ 個人的な費用


受講内容

1)講義(90分)

 ・琉球の歴史

 ・琉球の文化芸能

 ・琉球の自

 ・戦争と基地問題

 ・現代沖縄の暮らしと観光

 *講師は琉球大学教員とウェルネス研究プラットフォームアドバイザーが務めます。

2)学外でのアクティビティ

 ・沖縄本島中部・世界遺産フィールドワーク

 ・沖縄本島南部・スピリチュアルフィールドワーク


行 程

11月26日(日) 16時〜20時30分頃 首里城にて開講式(予定)、首里城見学、首里内(すいどん)にて夕食交流会

11月27日(月) 9:時〜15時 琉球大学にて講義???

11月28日(火) 8時〜17時 フィールドワーク? (勝連城址公園、アマミキヨの墓、中城城跡)

11月29日(水) 9:時〜12時 琉球大学にて講義???、午後自由行動

11月30日(木) 7時40分〜21時40分 フィールドワーク?(船で久高島往復、奥武島周遊、温泉入浴後、琉球家庭料理体験と地域芸能

12月1日(金)  9時〜琉球大学サテライトキャンパス集合。那覇まちま〜い(まち歩き)、修了書授与式、昼食会。13時30分解散。

 *11月27・28・29・30日は県庁前、12月1日は牧志駅前のサテライトキャンパスに集合予定。

*詳しくは、パンフレット裏表紙の旅行条件書(要約)をお確かめ下さい。


お問い合わせ先:株式会社日本旅行関西企画旅行支店

「シニア短期留学 in 沖縄」係りまで

  郵便番号541−0051

  住所: 大阪市中央区備後町3丁目4−1(山口玄ビル6階)

  TEL:06ー6209−0707(代)

  FAX:06−6209−0606

  営業時間 平日午前10時〜17時30分(土日祝日休み)  



#シニア #大学 #学び #沖縄 #シニアカレッジ

at 07:45, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)

今日から8月

ハワイ島から戻ったのが7月18日。
ハワイのシニア短期留学に参加された方々からのアンケートが昨日全て返送された。みなさん、有難うございました。

ツアーとして募集するまでには随分現地とのやりとりがかかり、実施するときはあっという間に終わるが、アンケートで寄せられた声が次に繋がるので早めにまとめてハワイ側にもフィードバックしたい。

今回はLINEでグループを作ったので、集合写真は全員が帰国した段階で一斉にお送りした。これは楽チンですね。皆さんLINEをしてもらえると嬉しい。

毎晩翌日の行動についてホテルロビーで伝えるクラウディアとカズミ。


こんな大きなスモウ・パンケーキが鐘の音と共に出て来たとき、みんなで大声で待ち受ける。こんなサプライズもありました。


まだ2週間も経っていないのになんだかとても懐かしいですね。 HK

at 08:17, ケンちゃん, -

comments(0), trackbacks(0)

ハワイシニア短期留学が開講です

第3回を迎えた「シニア短期留学 in ハワイ」は、ハワイ島ヒロハワイアンホテルのロビーに18時に集合。


ハワイ側事務局のクラウディアと通訳のカズミさんを紹介し、早速、夕食会のパイナップルズ・レストランに車で移動。


前のお客さんが終わらないので、それまでの時間を利用して「レインボウの滝」まで案内してもらいました。


高さ15m。風が吹くと水しぶきがあがり、虹になるとか。生物学者のクラウディアからハワイ島に育つ花や木に住むカエルの説明を聞きました。


再度、レストランに戻って、まずは生ビールなどで乾杯。


各自夕食は日本語のメニューから選び、ウクレレの演奏を聴きながらの楽しい時間。


ホテルに戻り、ロビーで簡単な自己紹介と明日の予定をクラウディアから案内してもらい、9時に解散。

みんな眠くもならず頑張っておきてたので、きっと今夜はぐっすりでしょう。
お休みなさい〜。 ハワイより。 HK

at 23:17, ケンちゃん, in ハワイ島ヒロ

comments(0), trackbacks(0)

今年の和歌山のプログラム

2010年からご案内してきました「和歌山大人大学」は、今年は短期集中型ではなく、公開講座的な開催を目指すことになりました。

 

昨年和歌山・高野山・熊野と移動する講座が、結果的に和歌山大学での開催のみとなったこともあり、今年はいったん、和歌山大学で地元向けに開催することになりました。

次年度以降、集中講座で実施することになりましたら、シニア大学ネットとしても共催することにします。HK

at 06:54, ケンちゃん, 和歌山大人大学

comments(0), trackbacks(0)

ハワイ最終案内について

いよいよ「シニア短期留学 in ハワイ」が近づいてきましたが、25日夕方、ハワイのプログラムの最終案内を投函しましたので、今日あたりそろそろお手元に届くころです。


(写真:ホテルからマウナケアの全景)

実施日が入れ替わったものの、大きな変更はありません。各自現地ホテルまで行っていただくので、ホノルル空港での入国検査や国内線への乗り継ぎ、ハワイ島ヒロ空港から滞在するホテルまでの行き方など記載しています。各自でも航空会社のホームページなどをお調べください。また、服装や持ち物などを記載しています。あわせてご確認ください。

最後の手続き、アメリカ入国のためのビザ免除プログラムESTAによる渡航認証はお済ませですか?
オンラインでの予約が必要であり、まだの方でわからない方はご相談ください。

では、ハワイ島ヒロハワイアンホテルで7月12日お目にかかりましょう。 HK

at 07:05, ケンちゃん, in ハワイ島ヒロ

comments(0), trackbacks(0)

早い予約ならホテルもお得

今年の沖縄シニア短期留学はプログラムも決定し、現在パンフのレイアウトを沖縄側で製作中です。

ということで、じゃらんや楽天トラベルで宿泊ホテルを調べてみると、ホテルにより60日前、45日前の早期割引などのプランがあり、1〜2ヶ月前の予約よりかなりお得なことがわかりました。
間際まで取消料も無料なので、今年参加しようと思っておられる方は早めの予約をお勧めします。


写真:大学での講義風景

シニア短期留学 in 沖縄2017
開催期間:11月26日(日)から12月1日(金)、6日間
テーマ:『琉球の歴史・文化に触れる旅
プログラム:
1)11月26日(日)16時 首里城集合、開校式・首里城見学・交流会
2)11月27日(月)琉球大学で講義(1)(2)(3)
3)11月28日(火)FW 世界遺産・勝連城跡、中城城など見学
4)11月29日(水)琉球大学で講義(4)(5)
5)11月30日(木)FW 神の島 久高島見学、夜は琉球料理と地域芸能
6)12月01日(金)まちま〜い街歩き、修了式、昼食会 13時半解散予定

#FWとはバス利用によるフィールドワークです。

参加費用等は正式発表までお待ちください。 HK

#シニア短期留学 #シニアカレッジ #国内留学

at 07:10, ケンちゃん, in 沖縄

comments(0), trackbacks(0)